海外で生活できる! 今さら聞けない「ワーキングホリデー」の基礎知識【前編】

申請条件や加入国など、「ワーキングホリデー制度」の基礎知識を紹介する [拡大する]

申請条件や加入国など、「ワーキングホリデー制度」の基礎知識を紹介する

 近年、利用者が増えている「ワーキングホリデー制度」。海外でさまざまな経験ができることは知っていても、「期間はどれくらいなのか」「どの国に行けるのか」などわからないこともあるだろう。そこで今回は、今さら聞けないワーキングホリデー制度の基礎知識を、前後編に渡って紹介する。渡航を考えている人は、ぜひ読んでみてほしい。

■ワーキングホリデー制度とは?
 ワーキングホリデーとは、2ヵ国間の協定に基づいて各国の言葉を学び、文化や生活、就学・就労体験ができる特別なビザ制度のこと。国に指定された期間内であれば、生活費を稼ぐ目的で現地での就労が許可されている。

 注目すべきは、この「海外で就労できる」という点。個人で申請でき、かつフルタイムで働けるビザは、現在ワーキングホリデーのみである。

 滞在期間は、基本的には1年だが、国によっては最大で2年まで可能。入国日から計算して出国日が設定される。

■申請の条件
 申請時の基本的な条件は、主に以下の3つだ。

(1)18 歳以上31 歳未満である
(2)日本国籍を持っている
(3)ビザ取得歴がない国に申請する

 ワーキングホリデー制度は、ひとつの国に対して一度しか使用できない。だが、まだ取得していない国であれば、何度でも繰り返しビザ申請が可能だ。別の国のビザを同時に申請・保持することもできるため、例えばオーストラリアでワーキングホリデーをした後、そのままカナダ、帰国後に今度はフランスへ、といったこともできるのだ。

 年齢制限は31歳未満となっているが、これはビザ申請時の制限。30歳のうちに申請を済ませておけば、31歳になってからでも入国できる(※国によって期間は異なるが、ビザ申請完了から入国までは入国猶予期間が設けられている)。

■どんな国に行けるの?
 現在、日本はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリアの計16ヵ国と協定を結んでいる(※加入国順)。

 なかでも最も人気が高いのはオーストラリア。ワーキングホリデー制度の利用者は年間約2万1000人いるが、そのうちの約1万人がオーストラリアへ渡航している。2番人気はカナダだ。

 現地で働くことで得られる貴重な体験は、ワーキングホリデーならでは。さまざまな国に行き、現地の文化に触れると、グローバルな視点を養えるかもしれない。後編では、必要となる費用や出発までの流れ、滞在中の生活などを紹介する。

<記事/kotanglish(日本ワーキング・ホリデー協会)>

>> 渡航前に知っておきたい! “習得度”で選ばれた英会話スクールランキング

>> 「人生は一度」「年齢も関係ない」 30代で留学すべき3つの理由!


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close