【英会話】知らないと“恥”!? 覚えておきたい敬語&丁寧語

知らないと恥をかく? 知っておきたい敬語&丁寧語フレーズを紹介! [拡大する]

知らないと恥をかく? 知っておきたい敬語&丁寧語フレーズを紹介!

 英語には文法的な敬語はないが、目上の人に話すときやビジネスの場で使われる丁寧なフレーズはきちんと存在する。たとえば、「Yeah」の代わりに「Yes please」と言うだけで印象は全く変わる。このような敬語フレーズは、ビジネスシーンを中心に使いこなせていないと、失礼な人だと誤解されてしまう。そこで今回は、英語圏でよく使われる敬語や丁寧語のフレーズを5つ紹介していこう。

【1】That would be great!
 英語を話すとき、通常のフレーズを完全文(complete sentences)にするだけで丁寧語になる。

 たとえば、「それいいね!」と言うとき、親しい友達であれば「Cool!」や「Great!」などと言うが、目上の人やビジネスシーンで使うのは不適切。「Cool!」と「Great!」を完全文にすると、「That’s cool!」「That sounds great!」となり、これだけでも丁寧な印象を与えることができる。

<例文>
That’s great!
素晴らしいですね!

 より丁寧な表現にしたいときは、過去形の「would」を使うと良い。「That would be great.」はとくに便利なフレーズなので覚えておこう。

<例文>
I would love to do that!
ぜひやってみたいです!

【2】I appreciate it.
 誰かに対して頼みごとをする際に便利なフレーズが「I appreciate it.」だ。「appreciate」は高く評価するという意味で、感謝の気持ちを表すときに使われる。

 たとえば、車で家に送ってくれないかと頼むとき、友達であれば「Can you give me a ride home?」と言えば問題ないが、これを目上の人に使うと図々しく聞こえてしまう。この文には「appreciate」を加えるだけで、とても丁寧なフレーズにすることができる。

<例文>
I would appreciate it if you could give me a ride home.
家に送っていただければとても助かります

 丁寧な単語と過去形を同時に使うことによって、さらに丁寧に伝えることができる。また、文章の中だけでなく「I appreciate it.」単体でも使えるので、覚えておこう。

<例文>
Thank you very much. I appreciate it.
ありがとうございます。とても助かります

【3】I’m sorry, but〜
 「I’m sorry, but〜」は、相手に反論するときや間違いを指摘するときなどに使えるフレーズ。気の知れた仲であれば、「I disagree.」「I don’t think so.」などと言えば問題ないが、ビジネスの場ではもう少し柔らかい表現を使うほうがいいだろう。そのときに便利なのが「but」だ。反論の前につけるだけで丁寧語にすることができる。

<例文>
I’m sorry to interrupt, but I think you got that information wrong.
話の途中ですいませんが、その情報は間違っていると思います。

 さらに、これを【2】で紹介した「appreciate」と併用することも可能。

<例文>
I can give you a ride home.
家まで送ってあげるよ。

I appreciate it, but I think I can take a bus.
ありがとうございます、でもバスで帰ろうと思います。

 このように、「I appreciate it, but〜」は何かを丁重に断るときに大変便利な表現となる。

【4】Do you mind if〜?
 文の最初に「What」「Can」「How」などを持ってくると、ぶっきらぼうに聞こえてしまいがち。たとえば、「What did you say?」「Can I borrow your pen?」の意味は伝わるが、格式張った場では印象悪く思われてしまう。そこで便利なのが、「Do you mind if〜」や「Could you〜」などの前置きだ。

<例文>
Could you repeat what you just said?
もう一回言ってくれますか?

 「but」と同様、前置きを変えるだけで柔らかく聞こえるのがわかるだろう。ちなみに、目上の人に対しては「What did you say?」と言うのではなく、必ず「Could you say that again?」を使うようにしたい。

【5】Absolutely.
 最後に丁寧な相づちの仕方を紹介しよう。英語を話すのに慣れてくると「Yeah」や「Uh-huh」などの相槌を使いがちだが、これも親しい友人以外には避けた方がよい。フォーマルな場面で使われる相槌は主に「Right」「Exactly」「Definitely」「Absolutely」の4つ。

 「Right.」は「確かに」、そのほかの3つは「その通り!」という意味。基本的にこの4つを覚えておけば問題ないだろう。

 日本語より複雑ではないが、英語にもきちんとした敬語は存在する。日常生活では簡単なフレーズを使ってしまいがちだが、相手に好印象を与えられるためにも、今回紹介した敬語フレーズを覚えておいて損はないだろう。

(記事/THE RYUGAKU)

>> 受講生9206人に調査 <ビジネスレベル>で人気の英会話スクール1位はどこ?

>> ビジネスに役立つ【英語知識】 フォーマルな「ありがとう」で違いを作ろう!


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close