マイナンバー制度、英語で言うと何? わかりやすい基礎解説付き!

今月1日から開始された「マイナンバー制度」。国民一人一人に12桁の番号が配布される [拡大する]

今月1日から開始された「マイナンバー制度」。国民一人一人に12桁の番号が配布される

 10月5日から通知カードの発送が始まった「マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)」。来年1月からは、社会保障、税、災害対策の行政手続にマイナンバーが必要になる。実はこのマイナンバーは、住民票のある外国人(中期在留者、特別永住者等)にも発行されることになる。

 そこで今回は、外国人の友人や知人に、マイナンバー制度について英語で簡単な説明ができるように、同制度に関する日本語と英語を内閣府などの資料をもとに紹介する。

▼マイナンバーは「My Number」で伝わる?
 マイナンバーという名称ではあるが、そのまま「My Number」と英訳しても、日本のニュースを見ていない外国人には当然伝わらない。そんなときは、「Individual Number as nicknamed "My Number"」と説明すれば、日本に住む外国人も理解しやすいだろう。

▼マイナンバー制度の正式名称は?
マイナンバー制度の正式名称も覚えておこう。
「日本語」
社会保障・税番号制度
「英語」
The Social Security and Tax Number System

▼マイナンバー制度の目的は?
内閣府によると、以下の3つの目的があるという。
「日本語」
1. 公平・公正な社会の実現
2. 国民の利便性の向上
3. 行政の効率化
「英語」
1. A fairer and more just society
2. Enhanced public convenience
3. Improved administrative efficiency

▼そもそもマイナンバーって何?
「日本語」
日本国内の住民票を有する全ての人に、ひとり1つの番号であるマイナンバー(12桁の番号)が発行される。マイナンバーは一生使うもので、漏えいや不正使用の恐れがある場合を除き、一生を通じて変更されることはない。
「英語」
One number (12 digits) will be issued individually to every person possessing a resident record.
Your Individual Number will not be changed at time during your life unless it has been leaked and may be used improperly.

▼外国人にもマイナンバーは交付される?
「日本語」
マイナンバーは適法に3月を超えて滞在し、住所がある外国人にも交付される。
「英語」
The Social Security and Tax Number System applies to foreigners who have legally resided in Japan for more than three months and have an address in Japan.

▼マイナンバーが必要なのはどんなとき?
「日本語」
2016年1月から、社会保障(年金、労働、医療、福祉)、税、災害対策の行政手続きでマイナンバーが必要になる。
「英語」
Beginning in January 2016,your Individual Number will be required for administrative procedures related to social security(Pensions、Labor、Healthcare、Welfare), taxation, and disaster response.

 アルバイトをしながら日本で学んでいる留学生にもマイナンバーは適用されるので、友人や知人に英語で簡単に説明したあとは、内閣府などの英語版で詳細を確認するよう勧めよう。

【文/寺本亜紀】

>> “英語の基礎”本当に知ってる? 「Yes」の正しい使い方

>> ■“通いやすさ”の満足度で選ばれた【英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close