必ず役立つ【英語表現4】 メールで使える前置きフレーズ

英文メールで使える前置きフレーズ (C)oricon ME inc. [拡大する]

英文メールで使える前置きフレーズ (C)oricon ME inc.

 英語のビジネスメールは、必ずしも進行中の取引先とだけ行うものとは限らない。しばらく連絡が途絶えていた相手や元同僚に連絡することもあるだろう。そんな時は突然用件を切り出すよりも、何か前置きの文章を添えたいものだ。そこで今回は、メールで使える前置き表現を紹介する。

■一般的な前置きのフレーズ

 季節に関係なく「お元気ですか?」「お変わりありませんか?」という言葉を添えるなら、以下のような表現を使うのが一般的。

・I hope this email finds you well.
・I hope this message finds you well.

 ▼さらに、懐かしく思う気持ちを伝えたい場合は、次のフレーズを使うこともある。

・It’s been a while since we met. (しばらくぶりですね)
・It’s been a while since we last talked. (最後に話をした時からだいぶ時間がたっていますね)
・How have you been lately? (最近はいかがお過ごしですか?)

 ▼親しい場合は、追加として「すべてがうまく行っていることを願います」といった一言を添えるのもいいだろう。

・I hope all is well.
・I hope all is well with you and yours.

 ▼上記のように前置きをした上で、以下のような書き出しで本題に入るといいだろう。もちろん、表現はこの限りではない。

・I’m writing because 〜. (〜の用件でメールしています)
・I’m currently working on 〜. I have some matters I would like to discuss with you.  (今、〜に取り組んでおり、お話したいことがあります)

■親しみを込めたあいさつに使えるフレーズ

 連休明けに初めて送るメールでは、親しみを込めて休みについて触れる前置きを添えるといいだろう。

How was your holiday? (お休みはいかがお過ごしでしたか?)
I hope your holidays were restful. (心静まる休日になりましたでしょうか?)

 ▼もちろん、クリスマスやお正月などの連休明けに交わすメールでも、休日に関しての前置きを本題に入る前に書くのは珍しいことではない。

<<英文>>
Hope your Christmas & New Years holidays were joyous and restful. Japan's New Years is religious and our family spent a lot of time at various shrines and temples. We are well rested and ready for another year of working with you and your team.

<<和訳>>
クリスマスとニューイヤーは楽しくゆっくりとお過ごしになられたと願っております。日本のお正月は信仰的な雰囲気に包まれ、私も家族といくつかの神社やお寺にお参りしました。ゆっくりとお休みをとり、今年も御社と御社のチームの皆様とともに仕事に取り組む準備ができております。

 ▼そのほか、ゴールデンウィークや休暇明けの場合は、あまり季節的な話は必要ないので、手短に書くこともある。

I hope you had a wonderful vacation. (素晴らしい休日を過ごされたことと願っております)

 ▼逆に、こういったメールを受け取った際に、下記のようなフレーズで返すこともできるので、覚えておくといいだろう。

I had a restful vacation and feel recharged. (穏やかな休暇を過ごせたおかげで、充電できました)

(記事/柏野裕美)

>> 「英語の習得度」が最重要!? ユーザーの声で見る【英会話スクール】

>> 実際の利用者が選んだ満足度の高い【英会話スクール】ランキングは?


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close