現代人なら知っておくべき!? 英語表記の「役職」いくつわかる?

英語表記の「役職」いくつわかる? [拡大する]

英語表記の「役職」いくつわかる?

 昨今のグローバル化により、ビジネスにおいては「CEO」「COO」など英語による役職表記が当たり前になってきている。とはいえ、役職も細分化されており、全部を理解できていない人も多いはず。そこで、今回は英語表記の「役職」をまとめて紹介。相手の肩書きを理解できず、優先順位などを間違えると痛い目に遭う可能性もあるので、ぜひ知っておこう。

 役職名は、企業形態や組織の規模、国によってもさまざまで表記が異なります。日本の役職名がそのまま海外で通用しないことも多々あるので、実際の仕事内容から判断する必要性もあるでしょう。ここでは一般的な役職の一例を挙げていく。

■CEO (Chief Executive Officer)
最高経営責任者

■COO (Chief Operating Officer)
最高業務(執行)責任者

■CFO (Chief Financial Officer)
最高財務責任者

■CIO (Chief Information Officer)
最高情報責任者

■CTO (Chief Technology Officer)
最高技術責任者

■Chairperson(of the Board)
取締役会長

■Vice Chairperson (of the Board)
取締役副会長

■President/Representative of Directors
取締役社長

■Executive Vice President
取締役副社長

■Senior Managing Director
専務取締役

■Managing Director
常務取締役

■Representative Director
代表取締役

■Director
役員、取締役

■Outside Director
社外取締役

■Auditor
監査役

■Senior Adviser/Corporate Counselor
相談役

■Advisor/Corporate Advisor
顧問

■Division Director
事業本部長

■General Manager
部長

■Deputy General Manager
副部長・部長代理

■Assistant General Manager
次長

■Section Chief/Manager
課長

■Deputy Section Chief/Assistant Manager
課長代理

■Subsection Chief
係長

■Branch Manager
支店長

■staff/member
社員

 以前は「会長」=「Chairman」が使われていたが、近年、女性の会長が増えてきたこともあり、米国では「Chairperson」が使われることが多くなっている。また、日本では「副社長」=「Vice President」と表記されることも多いが、海外では部長クラスで使われることもある。副社長は「Executive Vice President」がベターでしょう。

 上記を踏まえて、自分が会社のどの位置にいるかもしっかり説明できるようにしておくと、いざというときに役に立つはずだ。

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close