慣れない英語が上達する近道!? “イギリス英語”が学べる映画「6選」

DVD『英国王のスピーチ コレクターズ・エディション』 [拡大する]

DVD『英国王のスピーチ コレクターズ・エディション』

 英語のスピーキングを上達させるには、やはりネイティブとの会話が一番。とはいえ、英語で話しを続けるにはリスニングも必要となる。それも、話す相手がアメリカ英語とは限らず、イギリス英語を話す人も当然いる。そこで今回は、あまり聞く機会がなく、耳も慣れていないイギリス英語が学べる映画を紹介する。リスニングはもちろん、言い回しやスピーキングの理解にも役立つので、ぜひ見てもらいたい。

 英国作家のJ・K・ローリング氏の『ハリー・ポッター』が好きで、イギリス英語に関心を持つようになった人もいるだろう。ここでは、イギリス製作で同国出身の俳優や女優が主役の映画を「初級」「中級」「上級」にレベル分けして挙げていく。

【初級編】

■『ベッカムに恋して』(Bend It Like Beckham) 2002年公開
 厳格な家庭に育ったインド系イギリス人のサッカー少女が、(当時)イギリス代表サッカー選手のベッカムに憧れてプロサッカー選手をめざす姿を描く。

■『リトル・ダンサー』(Billy Elliot) 2000年公開
 イギリス北部の小さな炭鉱町で生まれ育った11歳のビリー。あることがきっかけでバレエダンサーを夢見るが周囲の反対にあい…。少年の成長する姿を描く作品。

・少年や少女、その家族との生活を描いているので、日常会話が多く、比較的わかりやすい映画。初心者におすすめ。


【中級編】

■『ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones’s diary) 2001年公開
 主役を務めたレネー・ゼルウィガーはスイス人の父とノルウェー人の母をもつアメリカ出身。本作出演のためイギリス英語に矯正するためのレッスンを専門家から受けた。

■『ラブ・アクチュアリー』(LOVE ACTUALLY) 2003年公開
 クリスマスを目前に控えたロンドンを舞台に、9つのラブストーリーを描くロマンティック・コメディ映画。

・『ブリジット・ジョーンズの日記』は日記を読むシーンが多くやや難しめ。『ラブ・アクチュアリー』ではヒュー・グラントがイギリス首相を演じたり、さまざまな職業の人が登場したりと、ある程度のリスニング力が必要になる。


【上級編】

■『バレエ・シューズ』(Ballet Shoes) 2007年公開
 『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役エマ・ワトソンが主演するバレエ映画。

■『英国王のスピーチ』(The King’s Speech) 2010年公開
 『ブリジット・ジョーンズの日記』のコリン・ファースがイギリス国王ジョージ6世の苦悩を演じる。

・『英国王のスピーチ』の英国王、『バレエ・シューズ』のバレエ講師などきっちりしたイギリス英語を話す登場人物が多く、慣れるまで聞き取りづらい。いずれも時代背景は1930年代ということもあり難易度も高め。上級者におすすめだ。

 また、中世英国様式の街を再現し、公用語を英語にしている「ブリティシュヒルズ」(福島県)という施設もあり、宿泊もできる。映画で学んだイギリス英語を実践する機会を設けることを目標にしてもいいでしょう。

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close