「英語」学習に最適なiPhone用アプリを紹介 TOEICにも役立つ優れもの6選!

「英語」学習に最適なiPhone用アプリを紹介 [拡大する]

「英語」学習に最適なiPhone用アプリを紹介

 新たな年を迎えて「今年こそ英語力をUPさせる!」と意気込んでいる人も多いはず。さらに、通勤時間などを利用して手軽に英語学習する人も増えており、学習アプリも多数登場している。そこで今回は、現役東大生が開発した人気アプリをはじめ、TOEICテストにも役立つiPhone用のおすすめ無料アプリを6つ紹介する。自分にあったアプリをぜひ試してみてはどうだろうか。

【1】mikan
 現役東大生が開発した「英単語を効率的に暗記」するための無料アプリ。画面に表示された英単語を「知ってる」と「知らない」で振り分けていくだけの簡単操作。「知らない」に振り分けられた単語のみを繰り返し暗記していく。

 英単語のレベルチェックがはじめにあり、その後「TOEFL、TOEIC、センター試験・大学受験、GRE(アメリカの大学院に出願する際に提出が求められるスコア)」を選択するので、自分に必要な英単語を覚えていくことができる。


【2】おもしろ語源 - 英単語は語源で楽しく! - Gogengo!
 語源や由来を覚えて英単語をマスターする学習アプリ。「語源一覧800」では800単語分の語源を見ることができる。語源の中でも特に面白いものをピックアップする「おもしろ語源ストーリー」でも楽しく学べる。


【3】新・英単語センター1800
 東進ハイスクールや東進衛星予備校で教えるセンター試験用の英単語を無料で学べる。センター試験カバー率99.5%の英単語、TOEICであれば600点レベル。単語帳だけでなく音声学習も利用できる。


【4】究極英単語
 エビングハウスの忘却曲線理論に基づいたアルゴリズムで、暗記した単語を忘れる前に復習し英単語の記憶を「定着」させることができるアプリ。


【5】TOEIC重要英単語
 TOEICの目標点数(600点・730点・860点)に分かれているため、目指すスコアに応じた学習ができる。テストの設定は、TOEICスコア別・問題数などを変更できる。


【6】TOEIC 語彙問題(基礎)
 入門・基礎レベルのTOEIC受験者が600点を獲得するために必要な「語彙力」を鍛えるためのアプリ。TOEICのPart5?Part7の語彙問題対策として活用できる。

 アプリを利用する場合は、無料から有料に、または課金に変更されることもあるので、事前に確認するといいでしょう。また、筆記試験などを考えるのであれば、書いて覚えることも同時に行うと効果的かもしれません。

>>「通いやすさ」で選ばれた
【英会話スクール】最新ランキング

>>「英語の習得度」で選ぶ
【英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close