「英会話スクール」と「通訳学校」 英語力がつくのはどっち?

「英会話スクール」と「通訳学校」の特徴とメリット [拡大する]

「英会話スクール」と「通訳学校」の特徴とメリット

 グローバル化で英語の必要性がますます高まっている昨今、英語力の向上を目指している人は少なくないはず。ただ、上達した人の意見を聞くと「英会話でネイティブと話すのが一番」「通訳の学校に通った方が上達する」などさまざま。では、実際どちらのスクール(学校)が英語力を伸ばせるのか。両者の特徴とメリットを探っていく。

 まずは「英会話スクール」。英会話スクールでは、ネイティブスピーカーと会話する授業が多いため、リスニング力とスピーキング力の向上が期待できる。相手の話を聞いて、自分の意見を返す、そういったコミュニケーションが基本にあるので、会話における上達につながりやすい。

 一方、「通訳学校」のクラスでは、日本語から英語、英語から日本語の通訳の学習がメインのため、ネイティブスピーカーではなく日本人通訳者が授業を担当することが多い。学習内容も、自分が話したい事を英語で伝える練習ではなく、あくまでも他者が考えた内容を正しく通訳していく訓練が主になる。このあたりが英会話スクールと通訳学校の大きな違いだ。

 もし、自分の考えたことを英語で会話するスピーキング力を伸ばしたいのであれば、英会話スクールの方が適しているといえるだろう。

 ちなみに、多くの通訳者を排出しているインタースクールやサイマル・アカデミー、ISSなどの通訳学校では、入学の時点でかなり厳しいレベルチェックテストがある。そのため、通訳クラスを希望してもいきなり入ることは難しいとされている。

 例えば、英検1級、TOEIC900点台を取得した人でも、レベルチェックテストの結果が悪ければ、英語専修コースなどのクラスからの学習となる。このクラスでは、ネイティブ講師が英文のライティングのルールや『ニューズウイーク』などの英語を読み進めるリーディングの授業もあるので、リスニング・スピーキング以外の英語力の基礎が鍛えられる。

 英会話スクールでも通訳学校でも、まずはレベルチェックテストを受けてみると自分の実力がわかり、モチベーションアップにつながるかもしれない。ただし、通訳学校のレベルチェックテストは有料のところが多いので事前に確認が必要だ。

>>「英語の習得度」の満足度が高い
【英会話スクール】ランキング

>>実際に通う女性が選んだ
【英会話スクール】


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close