「アメリカ放題」で機会急増!? 電話で便利なビジネス英語

海外電話で便利なビジネス英語 [拡大する]

海外電話で便利なビジネス英語

 国際化が進み、海外企業と電話する機会が増えるなか、9月からソフトバンクモバイルが「アメリカ放題」を開始した。米国本土・ハワイでの音声通話とデータ通信を日本国内と同じ料金で利用できるサービスとあって、今後ますます米国企業とのやりとりが増えると予想されている。そこで今回は、アメリカの取引先に電話する際の役立つフレーズを紹介しよう。

 電話での英会話は、相手の表情が見えない分、難しい・苦手と感じる人も多いはず。そいうった人は、簡単なフレーズを覚えて、スムーズな会話につなげましょう。

 アメリカでは基本一人に一本、それぞれの外線番号が割り当てられていることが多く、直通の電話番号にかければダイレクトに相手とつながりやすい。その場合は、取次ぎの心配も不要。また、昨今では携帯電話で直接やりとりするケースも増えており、留守番電話にメッセージを残すフレーズも必要になるので、あわせて覚えると非常に便利でしょう。

【電話をかける】
Hello, this is Suzuki from XXX company.
もしもし、XXX社の鈴木です

【用件を告げる】
The reason I’m calling you is 〜.
電話した理由は〜です

【電話が遠いため聞き返す】
We have a bad connection, would you mind speaking a little louder?
電話が遠いようですので、もう少し大きな声で話していただけますか?

【電話を切る前に感謝を述べる】
It was nice talking with you.
お話しできてよかったです

【留守番電話にメッセージを残す】
Please call me back when you get this message.
この伝言を聞かれたら折り返しお電話ください

 電話の用件(本題)は、自分の専門の業務内容になるので、事前に相手の反応を想定して会話する内容を用意しておきましょう。

>>ビジネスマンが選んだ満足度が高い
【英会話スクール】

>>外資系企業に務めるビジネスマンが選ぶ
『英会話スクール』ベスト17


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close