英会話スクール選び、検討するべき3つのポイント

英語力を身に付けて、キャリアアップを目指したい!と考えたことは? [拡大する]

英語力を身に付けて、キャリアアップを目指したい!と考えたことは?

 少しでいいから、英語が話せるようになりたい…。そんな“話せる自分”を想像して、英会話スクールに通いたいと考えたときに、一番先に悩んでしまうのは「スクール選びのコツ」ではないだろうか? 個人レッスンかグループか、またはレッスン料など検討材料はたくさんあり、スクールの数は大手から個人事務所まで、数えきれない。そこで、英会話スクール選びで検討しておきたい“3つのポイント”をみていこう。

 スクール選びで最も優先させるべき項目は、「自分の目的とライフスタイルに合致させること」といえそうだ。英会話スクールを大きく分類しながら考えていくと、自分の目的に合致したスクールの形態が、自然とみえてくるだろう。旅先英会話だけでもマスターしたい、仕事に役立てたい、また講師やレッスン料など、自分にとって何が最優先すべき条件なのかを、まずは見極めよう。

【講師はネイティブ or 日本人?】

 一般的には、ネイティブの講師に英会話を習うと、ネイティブの発音で耳が慣れリスニングの勉強になる。また欧米の文化を学ぶこともできるため大変人気がある。ただ、ネイティブの講師だから必ず英語力が伸びると、約束されるわけではない。日本人の講師でも通訳クラス、翻訳クラスなどの目的があれば、かなり効果的な英語力を伸ばすことが可能だ。まずは体験レッスンなどで、自分と相性のいい雰囲気を掴もう。

【支払いはチケット制 or 月謝制 or 一括前払い?】

 月に不定期でしか通えないといった、スケジュールが決まりづらい人は、チケット制がいいだろう。スクールに行った回数だけ支払えばいいので、お得感もあるといえる。ただし、有効期限がある場合も多いので、期間内に通いきれるだけのチケットを購入しよう。

 次に、月謝制では、毎月の費用が固定されているので安心だ。月に何度振替授業を受講できるのかを事前に確認しておこう。また、半年間同じコースを受講することが決まっている場合には、半年毎に一括前払いするスクールもあり、割引があるケースもある。

 通訳・翻訳クラスなどはレッスン料が高い場合もあるが、それが自分の目的にあっていれば納得して支払うことができるはず。一方で、レッスン料金が安くても講師がコロコロ変わり、教材も授業の内容もいい加減で英語力がまったく伸びないのであれば、もはや支払う価値はないといえそうだ。

【大手英会話スクール or 個人の英会話スクール】

 大手の英会話スクールは教材が整っている場合が多く、講師の教育も行き届いている傾向にあるが、規格外の要望に応えることが難しい場合もあるだろう。一方、個人の英会話スクールは、講師の質の見極めが課題となるが、個別の細やかなニーズにも柔軟に対応しているケースがある。スケジュールが立てにくい人なら、時間を有効に使えるといった点で、オンライン英会話から始める方法もあるだろう。

>>実際に通った生徒の声でランキング!
外資系企業の会社員が選んだ『満足度が高い英会話スクールベスト17』

>>低価格で英会話学習をスタート!
実際に通った生徒に聞いた『顧客満足度の高いオンライン英会話ランキング』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close