ビジネス英会話の基礎「挨拶(あいさつ)」での3つのNG行為

第一印象で好感度を上げる! ビジネス英語におけるスムーズな対応とは? [拡大する]

第一印象で好感度を上げる! ビジネス英語におけるスムーズな対応とは?

 ビジネスの基礎であり、上司、同僚、部下とどんな相手であれ、怠ることはできないのが「挨拶(あいさつ)」。しかし、海外の取り引き先と会った時、スムーズな対応ができるだろうか? 日本と英語圏では、挨拶に関しても社会人マナーが異なり、ポイントさえ抑えておけば、好印象を与えることも可能。そこで、最低限のマナーとやってしまいがちなNG対応をみておこう。

【1】“まずは名刺交換”というセオリーはNG

 日本では挨拶の初めの一歩ともいえる“名刺交換”だが、欧米の場合は、先に挨拶をしながら、お互いの目をみてしっかりと握手を交わす習慣がある。大量に名刺を持ち歩く日本のビジネスパーソンとは違い、普段から名刺をあまり持ち歩かない人もいる。欧米式の挨拶では「まずは握手から!」と覚えておこう。

【2】“Nice to 〜”の続きは? 『こんにちは』と『はじめまして』の違い

 「挨拶=Nice to meet you.」というのは、誰もが知る英会話。しかし、これは「初めまして」であって、「こんにちは」ではない。初対面の場合は“meet”だが、2回目以降は“see”を使う。何回も会っているのに常に“meet”で挨拶していると、相手は「自分のことを覚えていないのかな?」と勘違いしてしまうことも。“Nice to see you again.”を用いよう。

【3】上司への適切な『敬称』の使い方

 敬称には“Mr.(ミスター)”と“Sir(サー)”がある。男性の上司には“Sir”、女性の上司には“Ma’am”を使う方がベターであり、特に、感謝を伝えるときにはこちらを。女性の場合は“mum”(お母さん・ママ)と聞き間違えられないように、「マーム」と長めに発音することも忘れずに。

 このほか、初めての訪問先で起こりがちな、トイレの場所を尋ねる場合も要注意。『Where is the toilet?』では「便器はどこ?」と、受け取られるかも。『Could you tell me where the bathroom is?』(すみませんが、おトイレの場所を教えていただけますか?)と尋ねよう。英会話において、テキストやWebサイトだけでは、なかなか習得しずらいのが社会人マナー。正確な情報、知識の収集を心がけよう。

>>レッスン料の満足度は? 
受講経験者が選んだ『英会話スクールランキング』

>>低価格で英会話学習をスタート!
実際に通った生徒に聞いた『顧客満足度の高いオンライン英会話ランキング』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close