英語は小学生からでも遅くない! 英会話教室に通うメリット

夏休みに入る前に!英語学習を考えてみては? [拡大する]

夏休みに入る前に!英語学習を考えてみては?

 2011年4月から小学5・6年生での外国語活動(英語活動)が必修化され、13年5月には、政府の教育再生実行会議が小学校低学年からの英語学習を提言。小学生の子どもを抱えた家族にとっては、“うちの子、もう遅いかしら”と頭を抱えた人もいるのでは? しかし、決して手遅れというわけでない。まずは、小学生から英語教室に通うことにもメリットと、教室選びのポイントを知っておこう。

 小学生から英語学習をスタートした場合のメリットとして、まず、小学生になると“好きなこと”や“やりたいこと”が、かなりはっきりしていくる。自分にとって「英語が必要だ」と感じることができれば、本人の意思次第でぐんぐん英語上達する可能性が高い。また、小学生になってから英会話を始める場合、4技能「話す(スピーキング)」、「聞く(リスニング)」、「読む(リーディング)」、「書く(ライティング)」をバランスよく学ぶことができる点も、大きなメリットとなる。

 英会話スクールを選ぶときには、自我がはっきりと芽生えている小学生だからこそ、「英語教室の特色が自分の子どもにあっているか?」、また目標によって英語のアプローチが異なるので「何を重視するのか」を明確化し、優先することも大切だ。

 苦手意識を持たせないために、イベントの開催があるかもチェック。ハロウィンやクリスマスなど欧米の文化を取り入れたイベントでは、実体験を通して英語や異文化を学び、自然な英語に触れる良い機会を得ることになる。

 このほかにも、「グループレッスンでは、語学のレベルや年齢が調整されているか?」、また「無理なくステップアップできる年間カリキュラムを組んでいるか?」、「中学入学までの年単位、月単位の英語上達目標を定めているか?」など、英語習得へ向けた長期的プランが取られているのかも重要項目。英語を始めるのに“遅いかも”と二の足を踏まず、子どものためによりよい教室選びを心がけよう。

>>実際に通った生徒が選ぶ!
授業の受けやすさでみる『英会話スクール 顧客満足度 ベスト17』

>>まずは低価格で英会話学習をスタート!
実際に通った生徒に聞いた『顧客満足度の高いオンライン英会話ランキング』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close