【旅先英会話】海外のレストランで使える簡単6フレーズ

せっかくの海外旅行だからフレーズを覚えてスマートに注文しよう! [拡大する]

せっかくの海外旅行だからフレーズを覚えてスマートに注文しよう!

 海外旅行先のレストランやカフェで、外国語だらけのメニューを前に思わず怯み、メニューを指差しオーダーで終了…は、あまりに勿体無い。実は、注文時こそ英語でコミュニケーションを取れる最大の機会といえる。中学英語レベルでOKな、ぜひとも覚えておきたい「注文シーンで使える簡単フレーズ」をピックアップ。

【1】Can I〜?(〜を頂けますか?)
例:「Excuse me, can I order now?」(注文してもいいですか?)

【2】something like〜(〜のようなもの)
例:「Do you have something like “Today’s Special”?」
(今日の“オススメ日替わり料理”みたいなものってありますか?)

【3】kinda〜(kind ofの省略形/なんだか〜)
【4】I’m full.(お腹いっぱいです)
例:「Um…, I’m kinda full for it.How about Today’s soup?」
(うーん、そこまで重いものは食べられないのですが……。今日のスープはなんですか?)

【5】sounds amazing!(いいですね!)
【6】I’ll take this.(それにします)
例:「Today’s soup is minestrone. 」
(今日のスープはミネストローネです)
 「Wow, sounds amazing. Minestrone is my favorite. I’ll take this.」
(いいですね。ミネストローネは好物なんです。じゃあそれにします)

 以上の6フレーズを覚えておけば、「飲食店での注文」は、中学レベルの英語知識で対応可能。分からない英単語や分からない英会話フレーズがあったら店員に思い切って質問するなど、実践の場をどんどん活用しよう。

>>英会話を始める前に!
『顧客満足度の高い 英会話スクールランキング』


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close