東京芸大生、資金難乗り越え制作映画を携えて無事渡米

映画祭『LA EigaFest2012』の会見の様子 [拡大する]

映画祭『LA EigaFest2012』の会見の様子

 東京芸術大学の生徒たちが製作した映画『らくごえいが』(主演・山田孝之)が米国で開催された邦画の映画祭『LA EigaFest2012』(ハリウッド・現地12月14日〜16日)で上映され、監督を務めた大学院生・松井一生らが人生初のレッドカーペットを歩いた。海外での上映が決定した直後は資金不足のため渡米が危ぶまれたが、実情を公式サイトなどで訴えた結果、個人サポーターらの援助を獲得。「非常に華やかなステージに参加できた」と満足気に振り返った。

 同映画祭では佐藤健主演の『るろうに剣心』でメガホンを執った大友啓史監督や、『ヘルタースケルター』の蜷川実花監督と桃井かおりらも出席し、松井監督も出演者の落語家・桂三四郎とプロデューサー・田中雄之氏と3人で登場。初のレッドカーペットに大興奮し、立ち止まり過ぎて後ろつかえさせるという一幕もあったが、現地の観客からは「日本でもこんな面白いコメディが作れるのかと思ってびっくりした」と絶賛された。

 同作は古典落語の「ねずみ」「死神」「猿後家」を原作・原案とした3つの短編に加え、落語家へのインタビュー映像などから成るオムニバス形式で構成。現地では桂による一夜限りの「生英語まくら」「生英語落語」も特別上映され、こちらは立ち見が出るほどの盛況ぶりだった。

 田中氏は「アメリカのお客さんは映画を静かに見ることはせず、どんどんリアクションをしてくれる」と日本との違いを述べ、「面白いものを作れば日本映画だろうが学生映画だろうが関係なく反応してくれることがわかった」と大きな手応えを語った。

 日本での公開は来年4月6日より東京、北海道、大阪で初日を迎え、順次全国公開予定。


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close