世界のニュースで英語を学ぶ『ニュースフラッシュ 2012』発売

ニュースを題材にした英語教材『ニュースフラッシュ』 [拡大する]

ニュースを題材にした英語教材『ニュースフラッシュ』

 語学教材を取り扱うアルクは25日、ニュースを題材にした英語教材『ニュースフラッシュ』の2012年度版を28日より発売すると発表した。同書は、米国で昨年1年間に放送されたニュースの中から、厳選した90本を紹介。日本のニュースが海外でどのように報道されているのか、また世界のニュースが英語でどのように表現されているのかを知るためのツールとしても人気を集めている。

 特集では、海外メディアから見た「東日本大震災」を紹介。『ニュースで振り返る激動の一年』では、「アラブの春」や「欧州財政危機」「なでしこジャパン」なども取り扱う。同梱のCDには1本あたり30秒〜2分前後のニュースが収録されており、故スティーブ・ジョブズ(米アップル前CEO)、バラク・オバマ(米大統領)、ジョニー・デップ(俳優)などの肉声も収録されている。

 教材には、語彙とスピードがネイティブ仕様のAFN(米軍放送網)と深く掘り下げた切り口に定評があるVOA(米政府の国営放送)のニュースを使用。両方を使い分けることで、速さと深さをマスターする。価格は、B6 変型判で1995円(税込)。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

close