工学院大学、出張理科教室で宮城の小中高生500名を招待

 工学院大学は、被災地の小・中・高校生に理科・科学を身近に感じてもらうイベント「出張理科教室」を5月27日に宮城県東松島市で開催し、同市の子どもたち約500名を招待すると発表した。東日本大震災の被災地域への復興支援の一環として行われる同イベントでは、実験や工作などを体験しながら創造力・思考力や実践力を養うことを目的とする。

 同大学では、毎年8月に小学生、中学生、高校生を対象とした「理科教室」を開催しており、これまでに9000人(2011年8月実績)を超える子どもたちが参加。過去には、福島県や長野県での「出張理科教室」の実績を持つ。また、今年は大学創立125周年を迎えることもあり、地方都市でも同イベントを開催している。

 「3・11東日本大震災により被災した地域の子どもたちを元気にして、未来に明るい光を与えたい」との思いから、宮城県東松島市での開催が決定した同イベントでは、「オリジナルスーパーボールを作ろう」など、9のテーマについて、学部生・大学院生および高大院連携校生が教師となり指導を行う。問い合わせは、同大学理科教育センターまで。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。