ネイティブじゃなきゃダメ?最適なオンライン英会話講師の選び方

  • 画像/会話

 せっかく英会話を習うなら、きれいなイントネーションと正しい表現を身に付けたいと思う人が大半でしょう。英語の発音にはネイティブにしか出せないリズムがありますし、独特のジェスチャーや「教科書には載っていないけれど日常生活ではよく使う」「こんな風に言えるとカッコイイ」という表現も多々あります。また、テキストどおりの堅苦しい表現ではなく、「英語圏の人と対等に話せる英語力がほしい!」という人は、やはりネイティブ講師によるレッスンを受けたいと思うのではないでしょうか。

 しかし、ネイティブ講師によるレッスンは、通常のレッスンに比べてどうしても値段が高くなるのが悩み所です。また、フィリピンの方がネイティブ講師としてレッスンを担当しているケースもあります。確かに、フィリピンの公用語は英語ですが、公用語=ネイティブではありません。いずれにせよ、欧米の文化を含めた英会話を学びたい人にとっては、ネイティブのイメージとは少し異なるのではないでしょうか。

 ネイティブ講師によるレッスンのメリット、及び非ネイティブ講師によるレッスンの注意点を踏まえて、英会話講師の選び方について考えてみましょう。

ネイティブ講師に学ぶメリット

 ビジネスシーンや海外で通用する英語を学びたいと思うなら、ネイティブスピーカーと話す機会を多く持ったほうがいいといわれています。従来は日本人の先生が受け持つことがほとんどだった義務教育における英語の授業も、最近ではネイティブの講師を採用して行う学校が増えてきました。では、ネイティブに英語を学ぶことのメリットは何でしょうか。

メリット1 英語独特のリズムやイントネーションが身に付く

 ネイティブ講師から英語を学ぶことのメリットに、英語独特のリズムやきれいなイントネーションがしっかり身に付くことが挙げられます。さらに、英語に欠かせないジェスチャーも、会話と同時に習得することができます。どれだけ英語力がある日本人講師でも、ネイティブならではのジェスチャーまでは教えられないものです。「まるで生まれつき話していたかのような自然な英語」を習得したいなら、やはりネイティブ講師がおすすめといえるでしょう。

メリット2 英語圏の文化が学べる

 ネイティブ講師から英語を学ぶことで、英語圏の文化が学べます。先に挙げたジェスチャーのように、英語圏には英語圏ならではの文化があります。テキストにも、日本人には理解しにくい場面が登場することがあるかもしれません。ネイティブの講師なら、「これはどういう意味ですか?」「日本ではこうだけど、英語圏ではどうなのですか?」といった疑問に正確に答えてくれますので、言葉のみならず文化の独自性まで学ぶことができます。

メリット3 使える表現が身に付く

 最後に、使える表現が身に付くことが挙げられます。ネイティブ講師は、日本語独特の言い回しに近い表現や、気の利いたフレーズなどをたくさん知っています。教科書どおりの英語だけでなく、使える英語をしっかり学びたいという人にはぴったりです。

ネイティブ講師以外から学ぶのはダメなの?

 現在、オンライン英会話スクールでは、多くのフィリピン人講師が活躍しています。フィリピン人講師は総じて明るく、盛り上げ上手な人が多く、楽しく学べるという評価があります。しかし、一方でネイティブ講師以外に習うことに対して、「イントネーションなどに不安」という声もあるようです。

 ここで、「ネイティブの定義について考えてみましょう。正確には、幼少期より英語を使って育っていればネイティブとして扱われる場合もありますが、基本的には英語を母国語としている人のことです。しかし、アメリカ英語とイギリス英語はさまざまな点で違いがありますし、同じ国内でも住んでいる地域によって表現や発音は微妙に異なります。日本における方言のような違いがあることと同じです。

 では、全世界にネイティブスピーカーはどれくらいいるのでしょうか。世界の人口のうち、約25%にあたる17億人強が英語を話すといわれていますが、そのうち、ネイティブスピーカーは4億人弱にすぎません。つまり、大半の人は、スタンダードな発音を使わなくても、世界中の多くの人とコミュニケーションをとっているのです。

 コミュニケーションをとるための英語であれば、講師がネイティブかネイティブでないかにこだわりすぎず、楽しく継続できそうな雰囲気を優先してもいいかもしれません。そして、仕事で英語を使うことが前提で、赴任先が決まっている場合は、渡航する国の英語を学んでおいたほうが、後々スムーズでしょう。

 なお、フィリピン人講師の場合、講師の教え方やレベルにはまったく問題がなくても、現地回線がつながりにくいケースがありますので注意しましょう。

費用や目的を考えて「ベスト」を選ぼう

 オンライン英会話スクールでネイティブ講師に学ぶ場合、デメリットはあるのでしょうか。第一に考えられるのは、前述したとおり受講料が高くなること。第二に、ネイティブであるというだけで採用されている場合があるということです。“ネイティブであるだけ”というのがポイントで、確かに発音がきれいですし正しい表現をたくさん知っているでしょうが、教えるのがうまいとは限りません。つまり、ネイティブ講師にも当たり外れがあるということなのです。外れのネイティブ講師に教わるくらいなら、研修をきちんと積んでいるフィリピン人講師のほうがわかりやすいというケースは十分考えられます。

 「ネイティブという言葉を過信せず、費用面や相性を考慮して、自分に合ったスクールを探すようにしましょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について