オンライン英会話で日本人講師を選ぶメリットは?

  • 画像/会話

 英語を勉強する目的は、人によってさまざまです。「外国の人と、もっと自由にコミュニケーションをとりたい」という人もいれば、「洋画を字幕なしで理解できるようになりたい」という人もいるでしょう。いずれにしても、「せっかく習うなら、きれいなイントネーションと正しい表現を身に付けたい」と思う人もおり、「本場の英語」を知るためにネイティブに限定して講師を探す人も少なくありません。

 一方で、あえて日本人講師を選ぶという人もいます。今回は、日本人講師から英語を学ぶことのメリットについて紹介していきましょう。

日本人講師に学ぶメリット

 せっかく英会話を習うのに、ネイティブではなく日本人を選ぶ理由は何なのでしょうか?思い浮かぶのは「初心者には楽だから」ということですが、実はそれだけではありません。以下にメリットを挙げてみました。

メリット1 困ったときは日本語で話せる

 「英語は外国人講師に教えてもらうもの」というイメージが先行しているせいか、どの英会話教室でもネイティブ講師を希望する人が大半を占めています。ネイティブ講師は、当然ながら流ちょうに英語を話しますし、レッスンを通して海外の文化や、英語圏独特のジェスチャーなども習得できるという良さがあります。基礎的な英語力が身に付いている人なら、楽しくレベルアップをすることができるでしょう。

 しかし、初心者の場合、講師がネイティブであるということが大きな壁になるかもしれません。ネイティブにとって、当然ながら英語は母国語で、生まれたときから頭と体に染みついている言語です。文法も表現も、「そういうもの」として自然と覚えているため、「なぜそうなるのか」という生徒の質問に論理的な答えを返すのが難しい場合もあります。特に、日本語で説明するとなればなおさらです。

 その点、日本人講師なら、レッスンが終わったあとは、日本語でしっかりフォローしてくれます。スクールによっては、レッスンの合間も日本語で確認しながら、学習を進めていくパターンもあるでしょう。講師自身も、最初は初心者として英語を学んだ経験があるだけに、つまずきやすい点や理解しにくい点にも的確なアドバイスをしてくれます。

 なお、「それでもネイティブ講師がいい!」という場合は、日本語も堪能なバイリンガル講師がいるスクールを選ぶといいでしょう。

メリット2 TOEICの経験を活かしたアドバイスも可能

 日本人で英会話教室の講師をしている人は、TOEICで高得点を取っていたり、海外留学経験があったりする人がほとんどで、ネイティブ講師に負けないだけの英語力を持っています。
 特にTOEICのスコアアップを目指した学習では、自身も受講経験がある日本人講師に教えてもらうのがベストです。日本人にとって英語学習のどこが難しいのかを踏まえ、わかりやすく丁寧に教えてくれます。
 レッスン内容に関する質問のみならず、学習法全体の相談もしやすいのが日本人講師の魅力。挫折しそうなときも、自身の経験を活かしてしっかりフォローしてくれるでしょう。

メリット3 緊張せずにレッスンに臨める

 外国人講師を前にすると、どうしても緊張してしまうという人も多いでしょう。実際の英会話経験がある人ならともかく、初心者レベルの人にとって「外国人と話す」こと自体が緊張感を伴います。「発音があっているか?」「聞き取れないのでは?」など、余計な不安が頭をよぎり、緊張して学習に集中できないかもしれません。

 もし、緊張のあまり思うように話せなかったり、わからないことをわからないと言えなかったりというレッスンが続くと、英語そのものに苦手意識が芽生えてしまいかねません。そこで、慣れるまでは日本人講師から習い、少しずつネイティブの講師のレッスンも取り入れていくというスタイルをとることもできます。

日本人講師に学ぶデメリットも知っておこう

 日本人講師に英語を教えてもらうデメリットはないか、いくつか考えてみます。

・デメリット1 ネイティブと比較した発音の違い
 仕方のないことですが、日本人の発音は英語を母国語としている人に比べると、どうしても違いが出ます。一方で、「日本人が苦手とする発音をよく知っており、日本語でわかりやすく説明できる」という強みもありますので、教えてもらったことを念頭に置いてネイティブの発音を聞いてみるというのも、ひとつの方法です。

デメリット2 日本語が使えることに甘えてしまう
 「講師が英語しか話せない」となれば、何が何でも英語で質問しなければなりません。初心者には苦しい作業ですが、そのぶん語彙は増えますし、度胸も身に付くでしょう。ところが、講師が日本人だと、つい日本語に頼ってしまいます。「日本語が通じる」ということが逃げ道になって、成長を遅らせてしまうかもしれません。

「なぜ日本人講師を選ぶのか」を明確に

 ネイティブの講師にはネイティブの講師の良さが、日本人講師には日本人講師の良さがあります。「英会話なら外国人講師」という固定観念を消し去ることで、自分にとって最適な学習スタイルが見つかるかもしれません。ネイティブか日本人講師かに関わらず、「自分に合った講師」を選ぶようにしましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について