“塾”感覚で英語学習!? 小学生の「英会話スクール」に注目集まる

小学生の「英会話スクール」に注目集まる!? [拡大する]

小学生の「英会話スクール」に注目集まる!?

 文部科学省は現在、2020年を目処に英語教育に関する法改訂を検討しており、小学5年生から開始している英語教育を3年生に引き下げるとしている。英語のカリキュラムが2年前倒しされることで、中学生で始まった「読み」「書き」が5年生から始まることになる。

 こういった動きに伴い、私立では中学入試に“英語”を取り入れるところが増えており、今後さらに加速することも予想されている。親にとっては、小学校高学年での英語学習が、単に知識をつけるものでなく、試験の1科目として判断するべきことになりかねない。

 とはいえ、受験に関わらず子どもの「将来」を考えると、語学力は最大限に育ててあげたいもの。いくら制度が変わり、英語教育が前倒しになっても、学校の授業だけでは十分に能力を育てることはなかなかできないのが現状だ。そういった中で、英会話スクールが注目を浴びており、英語教育の前倒しにより、子どもが“塾感覚”で通うことも大いに有り得る。

■小学校高学年の「英会話スクール」

 英会話スクールの小学校高学年向けコースは、「聞く」「話す」や小学校で習う英語はもちろん、中学英語の予習として基本的な「読み」「書き」などを修得することができる。上級コースではネイティブ講師による授業など、より実践的な会話を体験できるところが多い。

 授業は、グループレッスンのほか、マンツーマンを選択することもでき、子どもの性格を踏まえて選ぶことも可能。さらに、英検などの資格試験対策を行うところも増えている。そのほか、異文化理解のため、ハロウィーンなどのイベントを体験したり、夏休みにキャンプなどを通じて英語に触れる機会も提供しており、塾感覚で学べる工夫がされている。

■英語に特化した中学進学のために

 前述でも触れたが、昨今では私立の中学校で英語教育に力を入れているところも多い。中でも、海外研修プログラムや帰国子女・留学生を積極的に受け入れている学校もあり、特に英語の修得がスムーズに行えるだろう。

 各学校の偏差値にも左右されるが、受験するなら英検2級(高校卒業時程度)に達しておく必要がある。早くから勉強を始めるに越したことはないが、小学校4、5年からコンスタントに英会話スクールに通っていれば、さほど難しいレベルではないかもしれない。周りの協力も大切で、家族で英語に親しむ空気作るべきだろう。

■一気に成長させたいなら

 小学校高学年であれば、留学も一つの手だ。単身留学、親子留学、長期休暇を利用したサマースクールなどが体験できる年齢。サマースクールは大体6月から8月末にかけての短期集中型。小学生から単身留学を受け入れているイギリスやスイスでは、長期間寮生活で英語が学べる。英会話スクールでも、親子留学ツアーなどを紹介しているところもあるので、子どもの興味に合わせて、体験させてるのもありだろう。

 留学は、子どもにとって語学以外にも社会経験を積むよい機会。ただ、もし長期間となると、ほかの科目での苦労も出てきます。他の科目を犠牲にしてでも英語能力を育てるべきかを家族で話し合う必要があるでしょう。

>>「スタッフの対応の良さ」で満足度が高い!
【子ども英会話スクールランキング】

>>実際に通わせたママが選んだ!
顧客満足度の高い【子ども英会話スクールベスト10】


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。