【子ども英会話】親の英語読み聞かせは重要? 発音苦手だと逆効果?

「英語が苦手」でも親の読み聞かせは必要か? [拡大する]

「英語が苦手」でも親の読み聞かせは必要か?

 「英語が苦手。でも子どもには幼い頃から触れさせたい」という親は多いはず。さらに、英語の絵本を読み聞かせたくても、自分の発音に自信がないことで、逆効果になると心配している人もいるでしょう。では、実際に子どもには、どちらがいいのかを考えてみましょう。

 母国語で考えるとわかりやすいですが、赤ちゃんや幼い子どもが言葉を覚えるときは、両親が語りかける言葉を聞いて、覚えて、話せるようになっていくもの。日本語で絵本の読み聞かせをするときに、アナウンサーのように正しい発音で絵本を読まなければならないと考えるでしょうか? その必要はないはずで、英語も基本的には同じ。

 完璧な発音はCDやDVDの音声教材等に任せて、楽しく学ぶことが伝わればいいと割り切ることも大切。たとえ発音に自信がなかったとしても、親が楽しそうに英語の絵本を読み聞かせすれば、子どもは英語に興味を示すようになるでしょう。逆に、親の英語が流ちょうでも、子どもが興味を示さなければ、上達しないことも否定できません。

 絵本の選び方は、人それぞれでいいと思いますが、オススメは同じ絵本を日本語と英語で読み聞かせすること。はじめに日本語の絵本を読んで内容を理解することで、次に英語の絵本を読んだときに物語として受け入れられるでしょう。

 例としては、子どもに人気のエリック・カールの絵本『はらぺこあおむし』。英語版と日本語版があるので、まず日本語で何日間か続けて読んでから、その後数日間、英語の『The Very Hungry Caterpillar』を読んでみてください。また、子どもの年齢に応じた絵本を選ぶようにするといいでしょう。

 そのほか、欧米では絵本の定番となっている米国の絵本作家であるドクター・スース(Dr.Seuss)のシリーズもオススメ。なかでも『HOP ON POP』は韻を踏んでリズムよく読み進めることができるので、子どもが喜ぶことが多い。

>>実際に通わせた「母親」が選んだ
【子ども英会話スクール】

>>「講師の質」で比較する
【子ども英会話スクール】ベスト10


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。