Oricon 受験

ユーザーが選んだ塾・予備校・大学入試・受験・推薦入試など
教育がテーマのオリコン満足度ランキング

教師は、同性と異性のどちらがいい?

   

■ランキング表はこちら

 ORICON STYLEが教師に関するリサーチを行った。その中の「勉強を教えてもらうとしたら同性と異性のどちらがいいですか?」という質問に対する回答に、ある傾向が表れている。
 まず総合での結果だが、同性と答えた人が80.3%、そして異性と答えた人が19.7%と、圧倒的に同性を希望する声が多い。
 次に年齢別に見てみよう。20代〜50代(つまり保護者の立場)の女性の場合、同性を希望する割合が91.2%まで跳ね上がる。20代〜50代の男性も同じような結果となっていて、同性の教師のほうがいいと答えた人は89.2%にも上る。その理由としては予想通り「異性だと余計な心配をしなければならない」(神奈川県/保護者/女性)、「異性を意識しだす年頃なので同性のほうがよい」(大阪/保護者/男性)というものが多く、また中には「なに聞いてんのさ! 当たり前でしょ?」(神奈川県/保護者/男性)と答えた方もいた。

 逆に実際に勉強を教えてもらう立場の中高生はどうだろうか。中高生の女子が同性の教師を求める比率は78%。総合と、ほぼ同じ割合だ。これに対して男性の中高生の結果はというと、なんと同性がいいと答えた人は62.8%まで落ち込む。つまり、異性の家庭教師を望む人の割合が37.2%まで増加しているのだ。
 保護者や同世代の女子と比べて“男子の中高生”は、女性の教師を希望している人がぐっと増える。なんとなく理由は想像できるが念のために見てみよう。「かわいい先生だとやる気が出る」(千葉県/中高生/男性)、「いいカッコをしようと思って勉強をがんばると思う」(兵庫県/中高生/男性)、「ご褒美が期待できる」(岡山県/中高生/男性)、「ムフフ」(神奈川県/中高生/男性)など。やっぱり・・・・。
 異性を意識し始める年頃だから同性の家庭教師を、というのが親の考え。これとは正反対に前述の男子中高生たちは、異性を意識し始める年頃だからこそ異性の家庭教師を、というふうに考えているわけだ。

 振り返れば、“年上の女性に憧れる男子ティーンエイジャー”像は、これまで映画やドラマや小説などで繰り返し描かれてきている。今回の調査でわかった微妙な傾向も、ある意味では“健全な不健全さ”かもしれない。

【調査概要】
■調査時期 11月2日(木)〜11月7日(火)
■調査対象者 中高校生の男女、中高校生の子どもを持つ保護者(20代〜50代)、各250サンプル、合計1,000サンプル
■調査地域 全国
■調査方法 自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】にインターネットで調査。

教師は同性と異性のどちらがいいですか?



■その他の受験トピックスはこちら


( 1月15日 13時00分)

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社企画ST部までお願いいたします。